忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[03/03 Taku]
[02/19 bb]
[01/31 NONAME]
[07/11 タク]
[06/08 クニト]
最新TB
プロフィール
HN:
Taku Penetrator
HP:
性別:
男性
職業:
パンクス
自己紹介:
PENETRATORSというバンドでG/Voやってます。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
アクセス解析
30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  20 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


いやー最低月1は書こうとか言っておきながら、3月4月もまた
放置してしまいましたね。

超忙しかった仕事もね、やっと落ち着いたんですよ。
…っていうか、4月からほぼ定時で上がれる状態になってたんですが、
ずーっと忙しかったせいでなかなか調子が戻らなくて、
最近になってやっと部屋の片付けとかバイクのオイル交換に行くとか
たまってたやることをこなし始めている状態です。

昨日 NIKKI CORVETTE & GOREVETTE のライブに行ってきました。

対バンでFragmentsが出るので前売りを取っておいてもらった。
5/25(火)はスティッフリトルフィンガーズと対バンだってさ!すごいね!
高田馬場AREAで前売り5250円だそうです。
行く人はFragmentsのメンバーからチケット買ってあげるように。

ニッキー最高によかったです。感動した!
あのニッキーっすよ!ジョニー・ラモーンの元カノっすよ。
太っちゃったとかそんなことはどうでも良いです。
同窓会的再結成って感じはまったくなく、まぎれもなく『今』活動やっている
バンドのライブという感じでした。
それもそのはず、コルベッツの再結成なのかと思いきや
ゴアゴアガールズっていうバンドとニッキーが合体した新バンドらしく、
新しい音源もちゃんと出しているんだよ。すばらしい!
不覚にもその辺の情報知らずにライブ行ってきたんで、
ニッキーのライブならたぶんほとんどの曲知ってんだろーなーなんて
軽い気持ちで見てたら結構新曲の演奏が多くてビックリ!
もちろん帰りに物販でGOREVETTEのCD購入しました。

カバー曲も何曲かやってて、バズコックスとかイギーポップとか
結構盛り上がっていたけど、個人的にとてもうれしかったのは
セインツのWild About Youをやったこと!
この曲、Penetratorsでカバーしたいなーと思っているくらいで
実はセインツのなかで一番好きな曲なのだ。



しかし、客のノリはなんかイマイチ… みんな知らねーんだな。
Saintsといえばオーストラリアパンクの代表的なバンドのひとつで、
オーストラリアパンクといえばロンドンのパンクと同時に起こった
パンクということでとても重要なのだ。
世界中のあらゆるパンクがロンドンから飛び火して起こったのに対し、
オーストラリアパンクはロンドンパンクと同じような道筋をたどって
同時に起こったんだ。

だからニューヨークパンク一派であるニッキーがセインツのカバーを
したということはとても重要な意味があるとオレは思うんだな。
同士としてのリスペクトがこめられている。
バズコックスもイギーポップもそうだよね。初期パンクの人たちなのに
同窓会的なライブではなく『今』の活動として音楽に取り組んでいる。
みんなが知ってる曲やって盛り上がるとかそんな安っぽいカバーではないのだ。
大体ニッキー姉さんみたいな大御所がそんなことする必要がないのだ。

当然ながらやっぱり一番盛り上がったのはコルベッツの曲。
当たり前のことだけど、そーゆーのが一番いい。
This Is Rock'n'Roll より電撃バップが盛り上がっちゃった某ライブとかより
数100倍良い。せっかく来日してくれてるのに失礼だよね。

しかしアンコールで Let's Go とか He's A Mover とか二回目やるくらいなら
Boys Boys Boys が聞きたかった。

コルベッツの曲やってるロッカチェリーとかサイコドールズの面々が
見に来てるかなーとか思ったけどいなかった。
他の日にいったのかな。




PR

◆◇この記事にコメントする◇◆
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◆◇この記事へのトラックバック◇◆
◆◇この記事にトラックバックする◇◆